お気軽にお問い合わせください

045-822-3561

受付時間
8:00 ~ 17:00(平日)
採用情報
ともに技を磨き、
製造業の未来を支える
仲間を求めています
ものづくりを支える仕事に誇りを持ち、
技術を継承していく志ある方をお待ちしています。

若手社員の挑戦

2019年入社
神立 凜

どのような機械を前にしても、
1人で対応できるようになりたい。

伝統の承継と挑戦の未来を担う社員の思い。

若手社員

オーバーホールが完了した機械が稼働する姿を見たとき、達成感を感じる

三宝精機工業を知ったきっかけは、過去に当社で設備関係の仕事に携わった経験がある学生時代の先輩から、「機械好きの君にピッタリな仕事がある」と教えていただいたことです。私は元々機械に触れるのが好きで、当社のHPでオーバーホールやリプレースについて調べたところ、とても関心を持ち志望しました。
入社前後で考え方が変わったこととして、学生時代は困ったことがあれば先生が助けてくれる部分があると思いますが、入社後は自らが仕事の中心となり、働いて給料をもらう社会人としての責任感を感じ始めたことだと思います。

これまで携わった仕事の中では、ハンドルを手動で操作し部品の削り出しをするシェーパーのオーバーホール改造案件が、ヘッド部の摺合せなどで非常に大変でした。仕事の中では分からないことや技術的に難しいことの連続ですが、精密な工作機械を分解・修正・復元し、悪かった箇所が改善されてしっかりと稼働したときに大きな達成感があります。

1日でも早く、1人で幅広い機械のオーバーホールができるように

どのような機械でも1人でオーバーホールができるようになることが目標です。特に携わりたいメンテナンスは、オーバーホールにプラスして電装リプレースを行うことです。そのために、まずは小さな機械の小修理を一人でこなせるようにしてステップアップを図りたいと考えています。今はまだ、精度検査をする際などに不明点や不安を感じたら、先輩に教えてもらっています。1人で機械を直してみたいという気持ちは強く持っていますが、自信がないため、「1人で担当させてください」の一言がまだ言えません。出張修理などもまだまだ緊張しながら携わっていますが、1日でも早く、1人で担当させてもらえるように経験を重ねていきたいです。また、きさげ加工などの技術取得に力を入れ、きさげが会社の中で一番上手いと言われるような技術者を目指したいと思っています。

当社は社員全員が仲が良く、社内は非常に明るい雰囲気です。年齢を問わず困っている社員がいれば助け合うなど、仕事が非常にしやすい環境です。もし当社に入社していただきましたら、私を含め優しい先輩が分かりやすくサポートします。ぜひお待ちしています!